スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

ANAのfacebook日本語公式ファンページがオープン(キャンペーン和訳あり)

ANA(全日本空輸株式会社)のfacebook日本語公式ファンページ「ANA.Japan」がオープンしました。

twitter等にも全く参入する気配の無かったANAですが、満を持してのSNS参入です。(英語版の公式ファンページは1年前から)

客室乗務員がご紹介するおすすめの旅情報やテレビCM動画、航空機や世界各地の画像などの情報発信に加え、ANAグループの活動紹介やアンケートなども行われるようです。

“ANAマイレージを貯める”という目的の為には役に立つかどうかは未知数ですが、これまでWeb上での双方向コミュニケーションのすべの無かったANAとしては、かなり画期的な事件ですね。

ちなみに、英語公式ページでは、日本語公式サイトの公開に合わせ、写真投稿キャンペーン「“FLY ME HERE“ Dream Photo Contest」を行っています。

英語で記載してある部分が多いので、和訳(というかかなり意訳)してみましたので、キャンペーンの詳細を紹介しておきます。

[ANAのfacebook日本語公式ファンページがオープン(キャンペーン和訳あり)の続きを読む]
スポンサーサイト

2011年2月~3月、ANA国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定(値上げ)

最近はある程度落ち着いていたので、あまり記事にする事もありませんでしたが、じわじわとシンガポールケロシン市場価格が高騰しています。

本日発表された、2011年2月~3月の国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定にも、如実にその影響が出ています。

欧米路線が往復28,000円、タイ、シンガポールといったお手頃なアジア路線も往復10,000円の大台を超えてしまうようです。

これじゃあ、何のためにANAマイレージを貯めているんだかわかったもんじゃありません。

2月以降の旅行であっても、1月中に予約すれば改定前の料金となりますので、海外旅行の予定がある方は2011年1月中に旅程を確定しておくことをお勧めします。

では、燃油サーチャージの改定内容について、もう少し詳しく見てみましょう。

[2011年2月~3月、ANA国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定(値上げ)の続きを読む]

【まとめ】2010年4月のANAマイレージクラブ特典制度の変更について

googleからの流入が激減し、更新モチベーションが超減退中のもん太郎です。

なんか、「ANA マイレージ」キーワードでの検索順位が急落した(ってかフィルタされた???)みたいですね…そのうち戻るんかな(つД`;)

さて、そんな感じで結構ブルーなので、今日は「2010年4月以降のANAマイレージクラブ特典制度の変更について」の情報を、記事にまとめたいと思います。

以前からまとめなきゃと思ってたんですが、遅くなってしまいましてスミマアセン。

ちなみに、去年のような大幅変更はありませんが、ジワリと痛い変更もありますので、まだ確認されていない方は、一度確認しておいてくださいね。

では、さっそく内容の方へ・・・

[【まとめ】2010年4月のANAマイレージクラブ特典制度の変更についての続きを読む]

ANAマイレージクラブモバイル会員誕生!Edyで200円=3マイルも…

ANAの新しいモバイル専用プログラム「ANAマイレージクラブ モバイル」が開始されます。

 参考URL:ANAマイレージクラブ モバイルのご案内

これまでのモバイルサービスに加え、搭乗(SkiP)やサイトの利用により、eクーポンが貰えるなど、これまで以上にマイレージを貯める上でも重要なサービスとなります。

無料サービスですので、ANAマイレージクラブ会員の方は、必ず登録してくださいね。

なお、有料会員(月額315円)である「ANAマイレージクラブ モバイルプラス」になると、上記に加え電子マネー「Edy」利用時に200円=2マイル(2011年3月までは200円=3マイル)が貯まったり、特別な割引サービスがが受けられるなどのさらなる特典が用意されています。

まあ、月額に見合うサービスかといわれると、ちょっと疑問符が付きますけどね。

では、そのあたりも踏まえて「ANAマイレージクラブ モバイル」の概要について、もう少し詳しく見て行きましょう。


[ANAマイレージクラブモバイル会員誕生!Edyで200円=3マイルも…の続きを読む]

2010年2月~3月、ANA国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定(値上げ)

シンガポールケロシン市場価格の再騰を受け、2010年2月~3月の国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定が行われます。

ついに、欧米路線の燃油サーチャージが片道10,000円の大台を再突破する事になりますので、また海外旅行のハードルが高くなりますね…特典航空券を利用して飛行機を抑えたとしても、燃油サーチャージで往復21,000円も取られるんじゃ、何のためにANAマイレージを貯めているんだかわかったもんじゃありません。

ちなみに、ご存じない方もいらっしゃるかと思いますが、燃油サーチャージは旅券の発券時(Webでの申し込みであれば支払い確定時)に決定します。

2月移行の旅行であっても、1月中に予約すれば改定前の料金となりますので、海外旅行の予定がある方は2010年1月中に旅程を確定しておくことをお勧めします。

では、燃油サーチャージの改定内容について、もう少し詳しく見てみましょう。

[2010年2月~3月、ANA国際線旅客「燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)」の改定(値上げ)の続きを読む]
次のページ
もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。