スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

[ニュース]電子マネー市場、前年度比133.3%と高成長

Yahoo!ニュースできになる記事発見!!

電子マネー市場、前年度比133.3%と高成長

 2006年度の電子マネー市場は前年度比133.3%と高成長を見せた。矢野経済研究所が、プリペイド式電子マネー市場について調査したところ、2006年度のプリペイド式電子マネー市場は発行額ベースで3,547億円(前年度比133.3%)だった。プリペイド式非接触IC型電子マネーおよびネットワーク型電子マネーを中心に高成長していることが証明された。(以下略)

続きは:Yahoo!ニュースで

ま~内容的にはそんなもんだろうな~といった感じ。
陸マイラーと電子マネーは気っても切れない縁なので、この程度の情報はここを見ている方であれば、まあ当選その程度の成長率はあるだろう。と新鮮さも感じない内容でしょうね。

で、なんでこんなエントリーを書いたかといいますと…

↓↓続きはこちら↓↓

関連リンクの「プリペイド式電子マネー市場に関する調査結果(矢野経済研究所)」できになる以下の資料を発見したからです。ヾ(@^∇^@)ノ

資料名「2007年版 プリペイド決済市場の実態と展望」

ちなみにこの資料の概要「1.調査目的」に配下のように記載されています。

 紙製の商品券・ギフト券市場はすでに成熟化しており、汎用券への需要集中や偽造被害といった課題も多い。一方で、新たなギフトツールとして、プリペイド式非接触IC型電子マネーや米国で普及しているプラスチックカード型プリペイドカード、デジタルコンテンツなどで利用されているネットワーク型電子マネーといった電子決済ツールが国内でも導入され始めており、プリペイド決済市場のあり方は今後、大きく電子決済サービスが普及していくと予想される。
 そこで、従来型の商品券・ギフト券に加えて、電子決済を伴う決済方式が多様化しているプリペイド決済市場の実態を詳細に調査・分析することで、今後のプリペイド決済市場を展望するもの。



うぉ!!
陸マイラーから派生して、電子マネー通(というかマニア)になりつつあるもん太郎の心をわしづかみにするようなレポートではないですくあぁぁ( ̄¬ ̄*)じゅるり

超読みてぇ!!!










でも「価格(税込): 126,000円」高けぇぇぇ…!!
無理(ノ_<。)

どなたか「126,000円」寄付してください…(o*。_。)o       (嘘です)

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。