スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

地獄温泉清風荘 「泥湯と硫黄と混浴と」

陸マイラーの皆さんこんにちは。
昨日は急に思い立って、両親を連れて阿蘇の方の温泉に行ってまいりました。(・◇・)ゞ

行き先は…「地獄温泉 清風荘

FINEPIX_2008_0114_152608.jpg
大きなちょうちんとイノシシがお出迎え


温泉好きの方ならご存知かもしれませんが、熊本を代表する名湯・秘湯です。まぁ、秘湯といっても色んな雑誌で紹介される有名な旅館なので、県外ナンバーの車もいっぱい居ますけどね。(⌒~⌒;

泉質は「単純硫黄温泉硫化水素型」ということで、車から降りるとすぐに硫黄の強烈な匂い(卵の腐った匂い)が歓迎してくれます。また、お湯には源泉の泥が溶け出し、白濁(ほぼ灰色)しています。無香無色の温泉では味気ない。という方にはまさに最適の温泉ではないでしょうか?

強烈な硫黄臭と泥で灰色に濁ったお湯からは想像できないほど肌触りがよく、体の芯から温まるまでゆっくりと浸かることができますので、長風呂派にもGood!!です。


■すずめの湯

ちなみに、もん太郎はここに来るとまず、「すずめの湯」に向かいます。

露天風呂には、「熱湯コマーシャルか!!」って感じのあつ湯と、なが~く入っていられるぬる湯が存在します。もん太郎はあつ湯で限界まで粘ってしばらくぬる湯、またあつ湯にという銭湯のサウナ&水風呂みたいな入り方をするんですが、このやり方が正しい入浴法なのかどうかはわかりません。(⌒~⌒;

FINEPIX_2008_0114_153119.jpg
名湯「すずめの湯」は半露天と男女別の内風呂があります。


すずめの湯のお湯は源泉から引いてくるのではなく、湯船自体が源泉になっているという特徴があります。泥をまとって質量のあるお湯の上で「ポコッ…ポコポコッ」と気泡がはじける様は、ほかの温泉ではなかなか味わえない醍醐味ですね。(゜-゜*)(。。*)ウンウン


■泥パックのススメ

すずめの湯に入るなら、泥湯ならではの「泥パック」もお勧めです。

帰って他の人が書いたブログを見ていたら、「泥湯と聞いていたのに、泥が無くて泥パックができなかった!!」という意見がちらほら散見されているようでしたので、常連(と言うほどでもない)からの泥パックの方法を伝授します。

もしこれから「地獄温泉 清風荘」に行かれる予定のある方は必見です。(@^∇^@)ノ


以前の「すずめの湯」は、湯船の底をさらえば何処からでも泥がすくえました。しかし、最近は地面は砂利状(ぬる湯)になっており、泥は沈殿していません。
そのため、前述の意見も納得できるのですが、しかし、心配することはありません。現在でも、ある道具を使えば泥パックは可能です。

すずめの湯「あつ湯」の底には、板が何枚も強いていあります。源泉(泥の中から湧き出てくる)が熱すぎる為なのですが、板の下には今もたくさんの泥が沈殿しています。

それをすくい上げて…(σ ・∀・)σ 泥ゲッツ!!


でも、ものすごく熱いので素手では無理です。泥パックをしたい方は、貝杓子やオタマなんかを持っていくと良いと思いますよ。場所などがよくわからない方は、既に泥パック中のお客さんや常連っぽいお客さんに聞けば、教えてくれると思います。


[注意]
ちなみに、「すずめの湯」の露天風呂は混浴(内湯は男女別)なので、女性にはちょっと辛いかもしれませんが、生まれ来る自然の恵みを肌で感じるにはやはり源泉である露天風呂に浸かるのが一番ですね。
水着はさすがにNGだと思いますが、バスタオルを巻いたまま入っている人も多いので、勇気を持って突撃してみてはいかがですか?

すずめの湯以外は全て男女別(女性用露天もあり)ですので、どうしても混浴は無理!って方でも十分楽しめます


地獄温泉 清風荘
〒869-1404
熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽2327

1泊2食 (一般):7,500円~
1泊3食 (湯治):5,000円~
1泊(湯治自炊):2,300円~
日帰り入浴料:400円

詳しくは「地獄温泉 清風荘 公式ホームページ」で確認してください。

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。