スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

ANA VISAカード(ANA Masterカード)情報

陸マイラーの皆さんこんにちは。
なぜか車の鍵を3本(内スペアキー1本)も持って会社に出かけていたもん太郎です。2本はわかるけど、何故スペアキーが・・・。

ANAのマイルを陸で貯める為の最強カードANA VISAカードANA Masterカードに異変が起きたことは、既存陸マイラーの皆様であればご存知かと思います。

【ANAマイル】無理せず貯める マイレージでも、以下の記事でれぞれ紹介してきました。
[詳報] マイ・ペイすリボのポイント優遇廃止!!
【改悪】三井住友VISAもEdyチャージをポイント対象外へ
[速報] ANA VISAカードからの移行手数料変更

しかし、Web上にはまだまだANA VISAカードが最高である旨の記事がそのままになっているサイトが多数存在します。

これから陸マイラーになろうという方が、こういった情報に躍らせない為に、昨年12月以降に行なわれたポイント制度やその他制度についての改定について、まとめたいと思います。


今まで、マイ・ペイすリボ適用による恩恵(ANAカードの年会費軽減・カード利用ポイントが2倍)により、マイルをためる上での最強のクレジットカードといえばこのカードといっても過言ではありませんでした。しかし、昨年末より続くポイント制度の見直しに伴い、並か並以下のカードとなってしまいました。

主な変更点
 ・マイレージ移行手数料の変更
 ・マイル移行レートの変更
 ・Edy、モバイルSuicaチャージでのポイント廃止
 ・マイ・ペイすリボのポイント優遇廃止

移行レートの変更なども衝撃は大きかったのですが、特に「マイ・ペイすリボのポイント優遇廃止」については、クリティカルな変更でしたね。(ノ_<。)
マイ・ペイすリボがあるから、ANA VISA/ANA Masterカードを使われている方が多かったと思いますが、そのような方々は今後どうするのでしょうね?やっぱJCBあたり?

では、早速ANA VISAカードANA Masterカードの詳細について見てゆきましょう!!



◆ワールドプレゼントポイント
ANA VISAカード/ANA Masterカードでは、1,000円のクレジット利用に付き1ワールドプレゼントポイントが付与されます。

現在は、移行手数料2,100円を支払うことで、1ワールドプレゼントは10ANAマイルに移行可能なので、100円=1マイルの還元率なのですが、2008年4月16日より2つのコースが選べるようになり、移行レートや移行手数料が大幅に変更されます。

10マイルコース
 1ポイント10マイルで移行可能(年間移行手数料6,300円)
5マイルコース
 1ポイント5マイルで移行可能(年間移行手数料無料)


10マイルコースの場合、移行レートは変わりませんが、移行手数料が3倍となります。5マイルコースの場合、移行手数料が無料になりますが、移行レートが1/2になります。どちらを選ぶかは…まぁ、何ともいえませんが、利用額が多ければ10マイルコースですかね。
なお、ANA VISA ワイドゴールドカードであれば、移行手数料はかかりませんので、出張の多い方などはゴールドカードにしてしまう。というのもありかもしれませんね。


◆年間利用額によるボーナスポイント
年間の利用額にあわせボーナスポイントが得られます。しかし、このボーナスポイントはANAマイルに直接移行することはできません。

区分年間利用額ボーナス
V150万円以上~
100万円未満
50万円の利用で50ポイントボーナス
以降10万円毎に10ポイント
V2100万円以上~
300万円未満
50万円の利用で75ポイントボーナス
以降10万円毎に15ポイント
V3年額300万円以上50万円の利用で150ポイントボーナス
以降10万円毎に30ポイント
※ゴールドカードの場合はポイント2倍

なお、ボーナスポイントと同様、特定サイトの利用などで得られるプレミアムポイントもANAマイルに直接移行することはできません。

移行するのであれば、Tポイント等を経由した方法となりますが、あまりレートもよろしくないので、マイルにはしない。というのも選択肢の一つかもしれませんね。


◆マイ・ペイすリボ
マイ・ペイす・リボを利用した場合、年会費が安くなります
本来ですと、ANAカードの年会費は2,100円なのですが、マイ・ペイす・リボを適用した場合、1,050円でよくなります。(家族カードも1,076円から498円に割引)
なお、マイ・ペイすリボを適用しても、リボ限度額を大きく設定(4月より可能との発表あり)していれば、実質1回払いとなる為、リボによる手数料はかかりません。


◆電子マネーへのチャージ
EdyやモバイルSuicaなど、電子マネーへのチャージに利用することは可能ですが、EdyやモバイルSuicaへのチャージ利用分にはポイントが付与されません。

そのため、実質このカードでチャージを行なう利点は一切ありません。
電子マネーへのチャージを行ないたいのであれば、ANA eLIOカードかライフカードを入手し、チャージすることをオススメします。


◆総括
フライトマイルやVISA/Masterの海外での使い勝手等、クレジット利用ポイント以外でのメリットを見出せないのであれば、メインカードを変更する検討された方がよろしいかと思われます。


ちなみに、現時点(2008/1/23現在)の情報ですと、以下のいずれかのカードが候補に挙がると思います。(JAL系カードは除く)
今なら入会キャンペーン中なので、切替にはちょうど良いかもしれませんね。キャンペーンについては関連記事で詳しく紹介していますので、そちらをご覧下さい。

ANA JCBカード
 ・スターαになれば、100円=1.5マイル
 ・さらにロイヤルスターαになれば、誕生月100円=3.0マイル
 ・モバイルSuicaへのチャージポイント付与
ANA eLIOカード
 ・リボ払いによるポイント倍付け
 ・EdyおよびモバイルSuicaチャージによるポイント付与
ライフカード
 ・年会費無料・マイレージへの移行手数料無料
 ・Edyへのチャージポイント付与
 ・誕生月の利用は100円=2マイル相当


関連記事:最強のマイレージカード「ライフカード」入会キャンペーン
関連記事:ANAマイレージクラブ - 2008春!ANAカードキャンペーン

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。