スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

海外ツアー料金が燃料サーチャージ含む「総額表示」に!

海外ツアー料金、燃料サーチャージ含む「総額表示」に

 国土交通省は12日、旅行会社の海外ツアーの料金表示について、燃料高に応じて航空運賃に上乗せする燃油特別付加運賃(サーチャージ)を含めた「総額表示」に改めるよう、旅行会社に通達する方針を明らかにした。

 各社は10月までに導入する予定だ。多くの旅行会社はツアー料金と別建てでサーチャージを徴収しているが、利用者から「全体の金額が分かりにくい」との不満が強く、料金の透明性を高める。(以下略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080613-00000001-yom-bus_all

折角ANAマイルを貯めて、ANA国際線特典航空券を手配しても、別途支払わされる忌々しき「燃油サーチャージ」…このブログを読んでいるような方であれば、ANAやJALで海外渡航する場合、燃油サーチャージが必要という事は常識かと思いますが、一般の方はその存在自体あまり知られていないようですね。( ̄ー ̄;)

二重価格だ!ぼったくりだ!と航空燃料チャージについて苦情が多くなっているようで、ようやく国交相が重い腰を上げたようです。

が、記事を見る限り、なんか旅行会社が一方的に悪者にされてませんか?

もん太郎の記憶では、元々、旅行会社側は全額表示にしたがっていたと記憶しているのですが…(-_-;



お客さんに文句を言われるのは、料金を徴収するの旅行会社の方ですしね・・・(-_-;

ただ…ツアーパンフレットの作成は6カ月おきで、ANAやJALがサーチャージの料金を見直すのは3ケ月毎なので、どっちが合わせるのか?と、折り合いがついていなかったはずなんですけど、今回の国交省の通達を見ると、旅行会社に一方的に企業努力を押し付けているようですね?

ん~パンフレットを刷るのもタダじゃ無いのに、一方的に旅行者側に負担を負わせるのは如何なものかと(-_-;

や~っぱり、国交省はANA/JALに甘いんだよなぁ…国交省がもっと毅然と対応してたら、ここまでサーチャージが値上がりする事はなかったと思うんですが。

では、この話題はここまで!

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。