スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

痴的キャスター山本モナの華麗なる転身(駄文です)

いつもEdy(エディ)やQUICPay(クイックペイ)など、FeliCa関連のニュースでお世話になっているBusiness Media 誠に、こんな記事があった・・・

マイナスイメージを逆手に――悪役マーケティングのススメ
 知的さゆえにTBS『筑紫哲也 NEWS23』に抜擢された山本モナさんは、不倫スクープ写真でわずか5日で降板し、一世風靡(ふうび)の悪役となった。

 誰が知恵を付けたか、自粛3カ月後の復帰バラエティ番組では“スイカのかぶりモノ”司会で復帰した。もちろん“叩いて!”というシャレ。アイデアの黒幕は北野武さんなのか。その後の出演番組でも美貌に似合わない天然さがウケ、「う~ん、これはあんがい地だね」というイメージがじわじわ広がった。

 頭の良さがマイナスとなって、“知的な悪役”は世の人に嫌われる。悪に落ちた彼女をどう復帰させるか? 知的をいったん捨てさせよう。知的は避けて“痴的”へ、“悪役転じてお笑い役”という賢い台本が作られたようだ。


山本モナと奥菜恵を比較して、山本モナの知的な悪役から痴的な悪役への変貌し、バエティー向きの美味しいポジションに落ち着いたことを例に、マーケティング論を展開しているのですが・・・

なんかこの時期にこの記事・・・非常に作為的なものを感じるんですが(;´Д`)



ま、多分狙ったんでしょうけど、全くの偶然でこの記事が今日アップされたのであれば、それはそれで凄すぎますね( ̄ー ̄;)

そういえば、某代議士との不倫騒動の際、ウチの嫁が「この人すぐにまたやるよ」って行ってたのを思い出しました。

・・・ウチの嫁この辺の勘が鋭いんですよね(-_-;

ま、おいらは不倫なんてする気もないので、嫁の勘が鋭くっても特に問題はないんですけどね(笑)

正直、もん太郎は、不倫についてはかなり否定的です。ま、知人の不倫を戒めたら何故か2chで叩かれるという苦い経験がありますので、よっぽどのことがない限りは口を挟んだりはしませんけどねヾ( ̄ー ̄;)

ん~でも、ニ岡選手はちょっと好きだったんで、ちょっと残念です。

では、今日はこの辺で(=^∇^)ノ”

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。