スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

高すぎる日系の航空会社――燃油サーチャージ金額差の“カラクリ”

Business Media 誠のRSSにて、以下のようなタイトルのアイテムが配信されました。

高すぎる日系の航空会社――燃油サーチャージ金額差の“カラクリ”

さすが誠!

と、超期待して記事を開いたんですが…これがとんでもない期待はずれ(;´Д`)


いやね、記事開いた瞬間に「ZAKZAK」のロゴが見えたんで、ま~期待は一瞬で吹き飛んだわけですけれども…予想以上に期待はずれだったので晒しときます。



まず、「燃油サーチャージ金額差の“カラクリ”」と壮大なタイトルをつけている割に、その内容が薄い…

「経営努力が足りん!」「「寡占による甘えだ!」という、誰でもわかりそうな武蔵工業大の青山貞一教授のコメントと、「利益確保のため必要以上に高く取っている!」「おかげでJALはここ1年でV字回復した!」という大手旅行会社幹部のボヤキのみ。

そんなことは誰でも知っている(-_-;

更に…

あれ?燃油サーチャージが高すぎるって話じゃなかったっけ( ̄▽ ̄;)

価格.comの航空運賃には燃油サーチャージは含まれていませんよ!

「寡占による弊害で営業努力が足りん!けしからん!」という意味で、航空運賃を引き合いに出しているのかもしれませんが、せめて、サーチャージも加えていくらなのか?そこまで書いてほしかったですね。

例えばガルーダインドネシア航空でのバリ線(どう見てもパリ線と書いてあるように見えますが)は、ガルダーインドネシア航空が3万400円に対し、日系2社は4万円。

これだけだと、9,600円の差に見えますが、ガルーダインドネシア航空の日本発着国際線サーチャージは、1区間145米ドル(1ドル=108円で15,660円)なので、合計46,060円。ANAのサーチャージは1区間20,000円なので、合計60,000円。

その差は13,940円に広がります。

ま、そんな感じで色々と突っ込みどころ満載なわけですが、日系の燃油サーチャージボリすぎだろ?という意見には、何の反対意見もございませんのであしからず♪

僕の愚痴はこの辺にして…(あんまり長引かせるとブログのお客さん減らしそうだから♪)

また明日(=^∇^)ノ”

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。