スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

ANAプレミアムクラスの座席で誇大広告!…行政指導されちゃった。


ANAファンとしてはあまり嬉しくないニュースですね。

以前、当ブログでもお伝えいたしましたが、ANA国際線プレミアムクラスの「シートの仕様が宣伝と違う」というクレームは、かなり以前から上がっていましたので、既にHP上での告知などの対処は行われています。

しかし昨日(8月25日)、公正取引委員会よりANAに対し、景品表示法違反(優良誤認)で再発防止を求める排除命令が行われました。



ま、要は誇大広告なんでもうやるなよ!ってことなんですが、あのCM自体はかなり作りが良かっただけに、残念でなりません。

もん太郎はプレミアムクラスを使用した事がないので、利用者がどの程度の落胆だったのかはわかりませんが、新シートを期待して乗ったら旧シートのままだった…ってのは、結構落胆がでかいのかもしれませんね。(゜-゜*)(。。*)ウンウン

行政指導が入るレベルですので、利用者への返金があっても良いレベルかもしれませんね。

ま、返金方法はどうするのか?とか、プレミアムパス(300万円でプレミアムクラス1年間乗り放題)利用者への返金を一律にするのか?とか、色々と調整が大変だと思いますけど…

ANAファンのもん太郎としては、クレーム対応はお客様との信頼関係を築くチャンスでもありますので、ANAの評価を逆に上げるぐらいの誠意ある対応を行っていただきたいと切に願います。

では、この件はここまで!(=^∇^)ノ”

関連記事:プレミアムクラス座席に苦情が殺到?
ANA公式リリース:ANA-広告に対する排除命令の受領について
Yahoo! News:全日空に排除命令=国内線上級席で誇大広告-公取委


--追記--
公正取引委員会のプレスリリースに、指摘の内容と問題となった広告が添付資料として掲載されていました。

指摘内容は

新型の座席(以下「新型座席」という。)の画像を掲載するとともに「ANAの国内線「プレミアムクラス」、4/1より全国でスタート。」と記載することにより,あたかも,プレミアムクラスを利用すれば,新型座席を利用することができるかのように示す表示をしている…(略)


となっています。

確かに、広告スペースの大半を占めている新型座席に座った三國連太郎・佐藤浩市親子の写真と、広告下部に「ANAの国内線「プレミアムクラス」、4/1より全国でスタート。」という記載がみられます。

ただ、ほぼ同じフォントサイズで「50インチという余裕のシートピッチを順次導入」という記述もあるんですよね。(^-^;

これが景品表示法第4条第1項第1号(優良誤認)の規定に違反する」表記に当たるのですね(´Д`;)

順次と言いつつ遅遅として導入が進んでいないという道義的な責任はあると思いますが、法的に問題がある表記とは、個人的には思わなかったんですけど…法律って難しいなぁ(-_-;

コメント

どこの企業も
少なからず誇大広告とかしちゃってるとは思うんですけどね・・・・
ぶっちゃけ言ったらプログラマーとして商品設計とかそのあたりの近い立場にいると

「特定の条件の中で最高パフォーマンスになる」

ていうのを商品として出す時には

「最高パフォーマンスになる」

みたいな感じで重要な部分を省いたり、小さいな文字で印字しているのが現実です。
名の知れた企業でもこういうことを平気でやったりもします。

話がそれてしまいました。
ANAは今回行政処分を受けてしまいましたが、日本を代表するエアーラインには変わりないのでコンプライアンスなりを守って今後もがんばってほしいもんですね。

2008-08-27 水 03:11:11 | URL | takro #- [ 編集]

たしかに・・・
PC業界は、世界最高水準やら、世界最高地を記録だらけですかね。

映画業界の全米が泣いた、全米No.1作品なんかに通じるものがありますね。
2008-08-28 木 22:27:09 | URL | もん太郎 #V8qBrayk [ 編集]
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。