スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

ボーイング787(ドリームライナー)の代替機はボーイング767-300ER

ボーイング787型機(ドリームライナー)の受領遅延について、難航していたANAとボーイング社との協議がついに合意に達したようです。

ボーイング787型機の受領遅延に伴う対応について
 ANAは、ボーイング787型機の開発遅延について、事業計画上の影響を最小限にとどめるべくボーイング社と調整をしてまいりました。今般ボーイング社と合意に至るとともに、本日9月25日(木)に開催した取締役会において、代替機としてボーイング767-300型機9機の導入を決議しました。


エアバス社のA380を導入する、損害賠償訴訟を起こすなど…様々な憶測が飛び交っていましたが、結局はボーイング767-300ERを代替機として9機導入することで手を打ったようです。

詳細はこの記事からはわかりませんが、おそらくかなりANAに有利な条件で代替機の導入となったはずですので、B-787の導入遅延に伴うANAの経営悪化=マイレージプログラムの改悪という最悪のシナリオだけは回避できたのではないでしょうか。…いや、むしろそう願います。

なお、新たな導入計画についても触れられていますので、広報しておきます。



◆受領時期の見直し
 【当初契約】【変更後】
導入機数確定50機確定50機
初号機受領平成20 年5月平成21年8月
導入スケジュール年間約7機
平成27年度末までに50機
年間約6機
平成29年度末までに50機

最大で3年の遅れ(平均2年)だそうで…並みの企業なら確実に取り返し不可能な遅れですよね(;´Д⊂)

ま、航空機業界では納期の遅れは日常茶飯事なので大丈夫なのかもしれませんが、流石に2年も3年も遅れるのは、2大旅客機メーカーとしてはどうなんでしょうね?

ANAでのA380の導入はなくなりそうですが、うかうかしていると、本当に日本国内の航空機シェアをエアバスやらMRJに奪われちゃいますよ?

おっと…なんだか愚痴っぽくなってきましたので、今日はこの辺で。(=^∇^)ノ”

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。