スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

Edy・Suica、PASMO等、前払い式電子マネーの二重引き落としへの対策

昨日、読売新聞(夕刊?)で、Edy・Suica・PASMOなど、前払い式電子マネーの二重引き落としについての記事が記載されたようです。

EdyやSuicaなど、前払い式電子マネーは、マイレージを貯める上でも重要なツールですので、本ブログをご覧の方にもこの記事を見て不安になられた方がいらっしゃると思います。

後払い式のクレジットカードなどと違い、利用者が自ら使用履歴を調べない限り、二重引き落としに気づきにくい。

という読売新聞記者の指摘はごもっともなのですが、対策がないわけではありませんので、必要以上に心配することはありません!

具体的にどのような点を注意して、異常を検知した場合にはどのように振る舞えばよいのか、まとめたいと思いますのでご確認ください。


まずは、二重引き落としの仕組みを理解する

電子マネーでの決済は、通常サーバ側で行われます。端末経由で送られてきたデータを元に決済処理を行い、電子マネーの減算と決済の確定処理が行われます。

稀にこの処理が失敗することもあるのですが、失敗しても再度電子マネーをかざすことで、二重引き落としにならずに決済を完了させることができます。(詳しい説明は専門的になるので割愛)

しかしながら、実際に二重引き落としは発生していますそれは何故か?

これは読売新聞の記事を引用したほうが良いでしょう。

ところが、操作に不慣れな店員が、ブザーが鳴った後に端末の電源を切ったり、別の端末を使ったりして、再度カードをかざすよう求めた場合、代金が二重に引き落とされてしまう。

例外もあると思いますが、このようなヒューマンエラーにより二重引き落としは発生しています。


ユーザー側での対処とは?

各決済端末ごとの決済失敗時の操作を完璧に覚えていれば、店員に指示して二重引き落としが発生しないようにできると思いますが…事実上不可能ですね。

二重引き落としが100%おきないようにする方法は残念ながらなさそうです。

では、具体的にユーザー側ではどういった対応が必要なのでしょうか?

ユーザー側でできる対策について記載してゆこうと思います。

1.二重引き落としは必ず発生すると意識する
いくらシステム的に完璧であっても、ヒューマンエラーは必ず発生します。

その為、二重引き落としは誰にでも発生しうる問題であると意識することが、二重引き落としに対する最大の対策だと思います。

2.利用履歴を確認する習慣をつける
二重引き落としが発生した場合は、必ず同一の決済履歴が2件残ります。
決済失敗時はもちろんのこと、定期的に利用履歴を確認する習慣をつけておくとよいでしょう。

早期発見、早期対策。これは何事にも言えることですね。

3.おサイフケータイを利用する
前項で「利用履歴を確認する習慣をつける」と記載しましたが、カード型電子マネーだと履歴の確認がなかなか大変です。

例えばEdyの場合、PaSoRi 「パソリ」を購入し、自宅のPCで確認するか、appoint's(am/pm)、DAMステーション(ビッグエコー等)、ANA WebKIOSK(空港等)等の専用端末で履歴を表示する必要があります。

おサイフケータイであれば、アプリを起動することですぐに利用履歴を確認することができますので、電子マネーはできる限りおサイフケータイで管理することをお勧めします。

4.問題は店頭で解決すべし!
可能性は限りなく低いものの、気を付けていても起きるのが二重引き落とし。二重引き落としに気づいた場合、ユーザーはどのように対処すればよいのでしょうか?

Edyの場合、Edy救急ダイヤルという対応窓口があるのですが、Suica、WAON、nanaco、PASMOにはそういった窓口はなく、電子マネーを利用した店舗へ問い合わせる必要があります。

しかし、店舗側の端末では、決済失敗と決済成功のデータが1回ずつ残っているだけの可能性が高いので、ユーザー側で2重引き落としがあったことを証明する必要があります。

ここでもやはり、おサイフケータイが威力を発揮します!

その場で履歴を確認すれば、二重引き落としがその店舗で発生したことは一目瞭然ですし、事情もあまり説明する必要はありません。おサイフケータイの履歴を見せて、その場で返金してもらうようにしましょう。

Edyの場合は、Edy救急ダイヤルへ連絡すれば後でEdyギフトとして返還してくれるのですが、Edy救急ダイヤルに電話するのもタダではありません。

Edyの場合もその場で店舗から連絡してもらうか、直接返金してもらうのが良いでしょう。


プリペイド式電子マネーの二重引き落としに対する対策 まとめ

結論から言うと、二重引き落としに対する最大の防御は『誰にでも起こりうる事象である』ということを意識することです。

また、早期発見の為にも電子マネーはおサイフケータイでの利用をお勧めします!

そのほうが管理が楽ですしね。

何はともあれ、起こりうる問題を事前に把握し、よりよき電子マネーライフを送られることを期待します(@^∇^@)

では、今日はこの辺で(=^∇^)ノ”

情報ソース:電子マネー、二重引き落とし続出…店側が誤操作

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。