スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

【ANA国際線】2008年1月~3月の燃油サーチャージ価格の予測

10月もあと一週間となりました。

今月は、2009年1月~3月分『燃油特別付加運賃(燃油サーチャージ)』の決定月(発表は11月)ということで、マイレージ情報と同じくらい、シンガポールケロシン市場の動向が気になります。

ご存知の方も多いと思いますが、ANA(全日空)の燃油サーチャージ料金は、改定時点における直近3ヶ月間のシンガポールケロシン市場価格の平均を用いることになっています。

つまり、2009年1月以降の燃油特別付加運賃額については、2008年8月1日から10月31日までの3カ月間のシンガポールケロシン市場価格の平均により決定するわけです。

ちなみに、10月21日のシンガポールケロシン市場の終値が、1バロン87.822米ドルとなっており、8月1日から10月21日までの平均ケロシン価格が1バロン120.3399米ドルとなっています。(続きます)



あと数日の間に、価格の急騰・暴落があったとしても、110米ドル~120米ドルの範囲を超えることはなさそうですので、『航空保険特別料金/燃油特別付加運賃について|ANA国際線』の情報通りに行けば、来年の燃油サーチャージは以下の料金から始まることになりそうです。

■2009年1月~3月のサーチャージ料金(予測)
航空路線10月-12月発券1月-3月発券
日本=欧州・北米・中東33,000円22,000円
日本=ハワイ・インド22,000円14,500円
日本=タイ・シンガポール・マレーシア20,000円12,500円
日本=ベトナム・グアム13,000円7,500円
日本=香港・台湾・中国10,500円6,000円
日本=韓国4,000円2,500円

世界経済縮小の懸念から、シンガポールケロシン市場の価格も随分値下がりしました。

如何せん8月までのケロシン価格が異常すぎましたが、それでも欧州路線で1万円以上値下がりするなど、ずいぶんお得感が出たのではないでしょうか?…冷静に考えると高いんだけどね(つД`;)

このままの流れで推移すれば、次の4半期には欧州路線で15,000円まで値下がりすることも十分考えられます。

現在OPECの臨時総会が行われており、1日100万バレル超の原油減産が検討されているようですが、市場への影響は限定的との見方が大勢を占めているようですので、その可能性は非常に高いと思います。

円高の流れも止まらない様(今日中にUSD/JPY 90円割りそう…)ですし、来年の夏あたりには海外旅行ラッシュが巻き起こるかもしれませんね。

…なんか堅苦しくなってしましましたね。ヾ(_ _。)ハンセイ…

ま、何はともあれ、今後暫くは、サーチャージは値下がり方向で推移して行きそうですので、国際線特典航空券や一般航空運賃で航空券を購入される方は、発券のタイミングは十分考えた上で行ってください♪

では、今日はこの辺で(=^∇^)ノ”

関連記事:シンガポールケロシン市場の暴落と燃油サーチャージ展望

コメント

半額
今のサーチャージの半額程度の予想になるんですね。
確かにそこまで値下がる+円高だと海外旅行バブルが起きるかも(・∀・)

でもそうなると特典航空券とかまた取りにくくなっちゃいそうですね(-_-)
2008-11-01 土 12:24:10 | URL | takro #- [ 編集]

そうなんですよ~
確実に着ますね、海外旅行バブル。

円ドルも少しは落ち着いたようですけど、そう上がることはないでしょうし。

サーチャージも来年いっぱいはそう上がらないでしょうから、今まで控えてた人たちが、どっと海外に・・・

あると思います。
2008-11-02 日 11:02:25 | URL | もん太郎 #V8qBrayk [ 編集]
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。