スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

「Edyスマイルクーポン」サービス終了…どうなる電子マネーEdy!?

2月に入りましたので、ANAマイレージ系のキャンペーンがないかとEdyのサイトを確認していたところ、大変残念な告知を発見してしまいました。(つД`;)

■「Edyスマイルクーポン」サービス終了のお知らせ(掲載日:2009年02月02日)
2009年3月25日をもちまして「Edyスマイルクーポン」サービスを終了いたします。

・2009年3月1日以降、 「Edyスマイルクーポン」の対象店舗はございません。
・2009年2月度でのキャンペーン還元対象のお客様は、3月10日から60日以内にEdyギフトで受取ってください。
・還元額の確認は、2009年3月25日までPCおよび携帯サイトよりご確認いただけます。

2007年6月に開始され、Edy(エディ)のウリの一つになっていた(しようとしていた)Edyスマイルクーポンですが、2年を待たずして事業が頓挫してしまったようです。

サービス提供店舗が思ったほど伸びなかったのが主な原因だと思いますが、個人的には大いに活用させて頂いたサービスですので、サービス終了は非常に残念でなりません。

追悼の意味も込めて、思い出に残るEdyスマイルクーポンベスト3を取り上げてみたいと思います。


最後の大物「Edyでドリンク1本もらえる!!」キャンペーン

やはり、一番記憶に新しいのは、昨年の11月10日から12月26日の7週にわたって行われた「Edyでドリンク1本もらえる!!」キャンペーンですね。

マルチマネー対応自動販売機の導入を記念して行われたキャンペーンですが、商品購入時にもれなく150円分のEdyをプレゼント(週1本のみ)してくれるため、実質無料でジュースが飲める大変お得なキャンペーンでした。

もん太郎はマルチマネー対応自販機を見つけたのが3周目で、稼働Edyを増やすことに抵抗があったため、トータル15本しか購入しませんでしたが、それでも2,250円ものEdyギフトを頂けました。


熊本に生まれてよかった!上通商店街&センタープラザで20%還元

熊本のメインストリートの一つ上通商店街、交通拠点センタープラザで、2007年11月~1月の3か月間開催されていたキャンペーンです。

上通商店街もしくはセンタープラザで月間5,000円分以上のEdyを利用すると、1,000円分のEdyを還元(最大還元率20%)してくれる、Edyスマイルクーポンの目玉となるサービスでした。

普段はなかなか街まで行かないんですが、当然行きましたよ(笑)

2か月間ノルマクリアで2,000円ほどゲットしてます。バーゲンだったので2重にお得でしたよ♪(#´∇`)ゞ


フラッシュリポート&Right-Onで5%OFF

近所のショッピングモールには、フラッシュリポートとRight-Onという2つのEdyスマイルクーポン対象店舗がありました。

どちらも5%OFFでしたので、ANAカードを使ってANAマイレージにするよりお得だったんですよね。

サインレスでスマートに決済もできるし、言うことなかったんですが…(^ー^;


ついでに今あるEdyの武器を考えてみる。

Edyスマイルクーポンのサービス終了により、Edy独自の特徴が一つ減りました。

Edyチャージでポイントが付くカードは残っているものの、チャージでポイントが付くカードであれば、モバイルSuicaにも多数存在します。

もん太郎が思いつく限り、現在のEdyの特徴は以下の2点があげられます。

1.Edyでポイント
おサイフケータイであれば、ANA、Tポイント、楽天、ヤマダ、ベルメゾン、au、、プレミアムドライバーズカードと、数多くのポイントが貯まります。

各ポイントの利用者に同時に働きけができ、ユーザー側の選択肢を増やしたこのやり方は、非常に評価してよいと思います。

Edyマイルプラスのように、ポイントが常時倍付けとなる店舗の導入が進めば、かなり武器になりそうです。

2.Edyのニュートラル性
現在も、カード型Edy(モバイル対応のものもあり)は、様々な業種のポイントカード兼決済媒体として利用されていますが、導入コストや運用コストの面でやはりまだまだ小規模店舗への導入には至っていません。

しかし、2009年夏の製品化が予定されている、FeliCa Liteでは、飛躍的に生産コストが抑えられているため、今まで以上に安価にカード型Felicaを提供する事が出来るようになる様です。

安価にFelica決済を開始する事が出来るようになるのは、Edyに限ったメリットではありますが、イオンに客を取られている商店街が、WAONを導入するなんてありえませんので、Edy(ビットワレット)のニュートラル性が重宝されると思います。(#´∇`)


他にも、今まで課題だったマーケティング力の弱さを補うため、博報堂系のインターネット広告会社とマーケティング事業を行うLLPを設立したり、同社とアフィリエイトサイトEdyパラダイスを設立するなど、新たな試みを多数行っているようです。

Edyスマイルクーポン(含むEdyハッピー優待)の頓挫は非常に残念ではありますが、まだEdy(エディ)ならではの武器はたくさんありそうですね。

個人的には、Edyでポイントのさらなる拡充と、Edy(と現金)しか利用できないスポットの増加を期待します。

では、今日はこの辺で(=^∇^)ノ”

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。