スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

年会費無料&5,000マイル!ANAダイナースカード&ダイナースカード特別入会キャンペーンは間もなく終了♪

2009年4月28日受付分を持ってANAダイナースカード特別入会キャンペーンが終了します。

入会すれば、無条件で5,000マイルが貰えるお得なキャンペーンなのですが、よく考えたら、このキャンペーン紹介してませんでした(笑)

ま~いまさら紹介するのもなんだかなぁ…と思ったんですが、せっかくなんでプロパーカード(提携でないダイナースクラブカード)の初年度年会費無料キャンペーンと比較して、どちらがおトクなのか考察してみたいと思います。

では、早速本題へ…


ダイナースカードのキャンペーン

まずは、ANAダイナースカードダイナースクラブカードのキャンペーンの紹介です。

◆ANAダイナースカードのキャンペーン内容
もれなく3,000マイル相当のボーナスクラブポイントプレゼント!
期間中(4月28日まで)に入会申し込みをされた方を対象に、3,000マイル相当のボーナスクラブポイント(50ポイント)をプレゼントします。

通常の入会ボーナス2,000マイルと合わせ、合計5,000マイルのANAマイレージがもれなくプレゼントされます。

◆ダイナースカードのキャンペーン内容
新規入会キャンペーン実施中「初年度年会費無料」
入会後3ヶ月以内に合計30.000円以上のカードを利用された方を対象に、初年度年会費15,750円が無料になります。

また、経費・交際費でもポイントが貯まるビジネス・アカウントカード2年間手数料無料キャンペーンも合わせて実施中です。


ANAダイナースカードとダイナースカードの比較

ANAダイナースカードダイナースクラブカードの違いとしては、以下のようなものが挙げられます。

1.年会費
ANAダイナースカードの場合、年間22,050円の年会費が必要ですが、ダイナースクラブカードの場合、年間15,750円と多少お得です。

今なら「初年度年会費無料」ですので、年会費の面ではプロパーカードの方が断然お得です。

2.ANAマイレージクラブ/ANAカードの特典
ANAダイナースカードの場合、利用継続で毎年2,000マイルが貰えます。

また、ANAカードマイルプラス、フライトマイルの25%上乗せ、Edyチャージへのポイント付与など、ANAマイレージクラブに強く結びついたサービスが受けられます。

3.ANAマイレージクラブへの移行手数料
ANAダイナースカードの場合、ANAマイレージクラブへのポイント移行は無料ですが、ダイナースクラブカードの場合、ダイナースグローバルマイレージに参加する必要がありますので、年間4,200円の移行手数料が必要ですが、手数料さえ払えば、移行レートはANAカードと同じ値となります。

ANAカードですら移行手数料として6,300円もの手数料を取るカードがある時代ですので、決して高くない金額だと思います。


結局どっちがお得なんだ???

イニシャルコストが抑えられる分、ダイナースの魅力にまずは触れてみたいという方は年会費無料の「ダイナースクラブカード」のキャンペーンを利用されることをお勧めします。

年会費が高く使える場所もVISAやJCBに比べると制限されるクレジットカードではありますが、サービスの内容は群を抜いており、特に保険の充実っぷりや24H医療相談や保険の無料相談など、サポート&サービスは群を抜いて素晴らしいと言わざるをえません。

まずは年会費無料のダイナースクラブカードを利用した上で、手に持て余すようであれば解約を、十分魅力を感じるようであれば、そのまま利用するかANAダイナースカードへの切り替えを検討されてみてはいかがでしょうか。

では、今日はこの辺で(=^∇^)ノ”

◆年会費無料!プロパーダイナースカード


◆もれなく5,000マイル!ANAダイナースカード

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。