スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

「超割」及び「バーゲンフェア」の一般向け先行予約スケジュール

明日、2009年8月14日(金)11時より、復活したJAL バーゲンフェア及びANA「超割」の一般向け先行予約が開始されます。

今回対象となる搭乗期間は、10月21日(水)~10月27日(火)までの7日間なのですが、既にANAマイレージクラブ会員向け先行予約とANAプレミアムメンバー向け先行予約が行われていますので、先行予約とはいっても、羽田=那覇などの人気路線は軒並み空席なしの状態です。

しかし、超割やバーゲンフェアの予約を諦めるのはまだ早いですよ!

まだ、人気路線の航空券をゲットするチャンスは、超割にもJAL バーゲンフェアにも十分残っています。

それはなぜか?

気になる、超割とバーゲンフェアでの取得マイルの違いと合わせ、紹介しておこうと思います。


まだ諦めない!人気路線で「超割」「バーゲンフェア」利用

先程も記載しましたが、金曜・土曜発の羽田=那覇、日曜・月曜発の那覇=羽田など、人気の高い路線のダイアはほぼ埋まっています。

しかし、人気の路線であっても、予約を入れることが完全に不可能となったわけではありません。

超割超割バーゲンフェアの先行予約は、8月21日~8月23日の期間に支払いを行わないと、自動的に予約がキャンセルされる仕様になっています。(支払い前のキャンセルも可能。)

そのため、先行期間中に複数のフライトを予約し、一番都合の便以外はキャンセルするユーザーが多数存在ます。

つまり、現時点で空席なしとなっている路線でも空席が出る可能性もあるんですね!!

確率は決して高いとはいえませんが、先日のこの方法で木曜発の羽田=那覇と日曜発の羽田=那覇を予約しましたので、定期的にチェックさえしていれば決して不可能ではありません。

また、超割超割バーゲンフェアは、フライト当日空席があれば、予約便より前の同一区間便に変更が可能ですので、遅い便を予約しておいて空港で空席待ちをするってのもアリですね。

お盆や正月でもない限り、完全に満席ってことは少ないでしょうから、かなりの確率で前倒しフライトが可能ですよ。

…ま、100%ではないので、予定は立てにくいでしょうが(^ー^;


ANA 超割&JALバーゲンフェア基本スペック

つづいて、ANA 超割及びJAL バーゲンフェアの基本スペックを表にまとめます。

■10月搭乗分「ANA 超割」スペック表
運賃日本全国8,000円~14,000円
搭乗日10月21日(水)~27日(火)
予約期間8月21日(金) 9:30 ~30日(日)
先行予約期間8月14日(金) 11:00 ~18日(火)
予約変更航空券の名義および予約変更不可。ただし、当日空席があれば、予約便より前の同一区間便に変更可。
座席制限利用できる座席数は便により上限が設定されています。また、設定がない場合もあります。
払戻(取消)払戻手数料(420円)および当該運賃に対し約50%相当額の取消手数料(航空券1枚ごと)
※予約便出発前までの申告が必要
プレミアムクラスの利用事前予約不可。当日空席がある場合にのみ+7,000円で利用可能。
マイル積算率75%
プレミアムクラス:125%

■10月搭乗分「JAL バーゲンフェア」スペック表
運賃6,000円~21,000円
搭乗日10月21日(水)~27日(火)
予約期間8月21日(金) 9:30 ~30日(日)
先行予約期間8月14日(金) 11:00 ~18日(火)
予約変更航空券の名義および予約変更不可。ただし、当日空席があれば、予約便より前の同一区間便に変更可。
座席制限利用できる座席数は便により上限が設定されています。また、設定がない場合もあります。
払戻(取消)払戻手数料(420円)および当該運賃に対し約50%相当額の取消手数料(航空券1枚ごと)
※予約便出発前までの申告が必要
ファーストクラスの利用事前予約不可。当日空席がある場合にのみ+8,000円で利用可能。
クラスJの利用事前予約可能。超割運賃+1,000円で利用可能。
マイル積算率75%
ファーストクラス:125% クラスJ:85%

最短距離の「奄美大島=喜界島」と最長距離の「東京=石垣島」がある分、JALの方が料金にばらつきがありますが、基本的には同一区間は同一運賃となっていますが、一部に差異ある区間があるようですので、詳しくは運賃表にて確認してください。

 ・バーゲンフェア運賃表
 ・「超割」運賃表

また、ANAは国内線全路線が対象ですが、JALは琉球エアコミューターの一部路線(那覇=北大東、那覇=南大東、那覇=粟国、南大東=北大東、宮古=多良間)が対象外となります。

かなりマイナーな路線ではありますが、一応ご注意ください。

ちなみに、スペック表上のマイル積算率は、ANAにはないクラスJ運賃を除き同一となりますが、実際にはマイル積算率に20%以上の開きが出てきます。


ANA超割とJALバーゲンフェアの積算マイルの差

超割バーゲンフェアも、一般シートのフライトマイルは基本マイルの75%積算と共通になっています。

ところが、両社のフライトマイル優遇制度の違いにより、実際の取得マイルには20%以上の差が出てしまいます。

ANAの場合、ANAマイレージクラブ旅達へ無料登録することで、通常のフライトマイルに加え、5%のボーナスマイルを受け取ることができますので、超割の実質取得マイルは80%となります。

JALの場合、ANAのような無料でボーナスマイルを受け取る制度はないのですが、JALカードの年会費に2,100円(税込)をプラスしてJALカード ツアープレミアムになることで、ボーナスマイルを受け取ることができます。

個人・団体包括旅行運賃(ツアー時の運賃)、JAL悟空、先得割引、バーゲンフェアのフライトマイルが100%になるサービスですので、バーゲンフェアの実質取得マイルは100%となります。

また、JMB「旅プラス」へ自動入会となり、JALのHPでのチケット購入で往復300マイルを得ることもできます。


ANA超割とJALバーゲンフェア、どちらがお得?

フライトマイル100%積算、購入時に往復300マイルの積算など、JAL バーゲンフェアの方が魅力的に感じます。

JALカード ツアープレミアムの料金2,100円/年を考慮すると、年2回程度の利用であればANA 超割の方がお得になる路線もあるのですが、割引運賃を利用することが多い方は、圧倒的にJALバーゲンフェアがお得と考えてよいでしょう。

例えば、羽田=那覇線(基本マイル:984マイル)の場合、旅達+超割で往復1,574マイル、バーゲンフェア+ツアープレミアム+旅プラスで往復2,268マイルとなり、その差は694マイルになりますね。

ご自身のライフスタイルに合わせ、どちらのバーゲン運賃を利用されるのか、先行予約が開始される前に十分ご検討ください。

では、今日はこの辺で(=^∇^)ノ”

■JALカード ツアープレミアム入会にはJALカードが必要です■

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。