スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Comment(-) | Trackback(-) | --/--/--(--)

ANAマイルが貯まらない貴方に…『3000マイルショッピング特典』登場!

astyle ANAショッピングサイト
3,000ANAマイルを3,000円分として、a-style (エースタイル)AMCセレクションショップicon」の支払いに利用できる、『3000マイルショッピング特典』が、11月4日から利用できるようになります。

好意的に見積もっても、1マイル=1円の価値しかなく、あまり還元率は高くありませんが、マイル利用のハードルはかなり低くなります。

今まで、10,000マイル貯める事が出来ず、有効期限切れを待つしかなかった方には、大変な朗報かもしれませんね。

少ないマイル数で交換可能な特典という事で、やや制約が厳しい面も有りますが、そのあたりも含め、特典利用シーンについて検証してみたいと思います。



新登場!『3000マイルショッピング特典』の詳細

交換受付開始日
2009年11月4日(水)10時

必要マイル数と対象商品特典
ご利用に必要なマイル数3,000マイルで3,000円分のa-style (エースタイル)AMCセレクションショップicon」購入代金としてご利用いただけます。

対象のお客様
a-style (エースタイル)に会員登録をされている保有マイル数が3,000マイル以上のANAマイレージクラブ会員

お申し込み・お支払い
a-style (エースタイル)AMCセレクションショップicon」で商品をご購入の際、レジ画面の「ポイント・マイルのご利用選択画面」から「マイルを利用する」を選択してお申し込みください。差額のお支払いにはクレジットカード、または代金引換がご利用いただけます。

払い戻し
「3000マイルショッピング特典」でご購入された商品を返品される場合、「3000マイルショッピング特典」以外でお支払いいただいた金額を払い戻しいたします。

お問い合わせ
全日空商事株式会社 お問い合わせセンター
 0120-283-250
 03-3769-2876
(9:00~19:00 日・祝9:00~17:00/1/1~1/3休)
 eメール:info@astyle.jp
a-style (エースタイル)


ANA国内線特典航空券(10,000マイル~23,000マイル)やパートナー特典(10,000マイル)に比べ、大幅に少ないマイル数で利用可能な特典です。

今までも、ANAマイレージクラブ旅達の会員限定で行われている『ご利用マイルキャンペーン』を利用すれば、1,000マイル=1,000円のツアー料金に充当する事は出来ますが、恒常的な特典としては『3000マイルショッピング特典』が最小マイル数で利用できる特典となります。

しかし、利用できる商品は、「AMCセレクションショップicon」の商品(1万円~5万円)に限られ、他のポイントと併用もできないため、一番安い商品を選んだとしても7,000円の手出しが必要です。

ANAが厳選した商品が、最大3割引きで買える特典と割り切れば、悪い選択ではないかもしれませんが、欲しい商品が無ければ、あまりよい特典とはいえませんね。


3000マイルショッピング特典の利用シーン

仮に、他の特典が利用できるほどマイル(10,000マイル以上)が貯まっているのであれば、3000マイルショッピング特典のメリットは1つも有りません。

期限切れ間近のマイルが3,000マイル近くあり、かつ、期限までに10,000マイルには届きそうにない場合に、初めて選択肢の一つにあがります。

マイルが少し足りない…そんな場合の選択肢として、今後は、「1. 無理して10,000マイルをかき集める」「2 .旅達ご利用マイルとして利用」「3. 3000マイルショッピング特典の利用」の何れかから選択するようしてください。

家族でANAカードを利用してマイルを貯めている場合、配偶者やご家族のマイル口座がこの状態になる事があると思いますので、そんな時に利用するとよいかもしれませんね。

では、今日はこの辺で(=^∇^)ノ”

コメント
管理者にだけ表示を許可する

もん太郎のつぶやき
お勧め記事
最新の記事
最近のコメント
検索ワード
track feed リンク元
マイレージ関連リンク
自分用リンク(実験用)
スポンサード リンク
サイト内検索
カスタム検索
人気ページランキング
カテゴリー
メールフォーム
個人的なご連絡など、コメントではふさわしくないお問い合わせはこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。